知っておきたい!結婚を祝うときのマナーについて

お祝い金はいくら包む?

友人の結婚祝い金は決めていても、会社関係や目上の人、知人の場合は迷ってしまうことも多々ありますよね。結婚祝いの金額は、「披露宴に出席する人の料理代+お祝い金」が目安と言われていますね。披露宴の料理代は1人分が1万円から3万円までといろいろですが、平均額は1万8千円くらいなんですよね。そこで、結婚祝いの金額も、こうした料理代にお祝い金をプラスしたものと考えると、披露宴に出席する場合は最低2万円程度から、ということになりますね。お祝いは気持ちですから、あくまでも無理のない範囲で、が原則ですよ。

夫婦で出席するときと、子ども連れでのお祝い金は?

結婚祝いの基本は「披露宴に出席する人の料理代+お祝い金」で、出席する人数に比例しますので、当然、夫婦2人で出席する場合は2人分になりますよね。1人2万円ずつ出そうという場合は、合わせて「4万円」は包まずに2万円別々に包むとか、3万円か5万円にするといった配慮が必要ですよ。3万円では少ないと感じた場合は、別に1万円程度の品物を贈るのもよいでしょう。子ども連れの場合、子どもが小さければ金額を増やす必要はありません。席を設けてもらう場合は、大人の3分の1から半額程度の金額をプラスするのがマナーですよ。

招待されていないけれどお祝いをしたいなら?

招待されていないけど何らかのお祝いをしたい、というケースはよくありますよね。披露宴に出席しない場合のご祝儀は、基本的に出席したときの半分くらいを目安にするとよいのですが、自分と相手との関係を考えて若い人同士なら5千円程度、それ以外の年上の人なら1万円が一般的ですね。高額だと「招待していないのに、こんなにいただいて」とかえって相手に気をつかわせることにもなりかねませんので、注意しましょう。5千円や1万円の現金というのは少ない気がして贈りづらい、という場合は、同額の品物や商品券を贈るのもよいでしょう。

お台場の結婚式場のブライダルフェアには積極的に参加しましょう。ドレスの試着や、お料理の試食も可能です。